キリスト教葬儀は仏滅でも行っていいのか?

司祭がご遺族を道案内します。

逝去した方の地上での歩みに感謝しつつ、お祈りを捧げる時を持ちます。

司祭が相応しい神さまの聖句を宣言します。

逝去した方を見届けて、思い出を語ります。

キリスト教葬送窓口センターの一日の葬式は、お食事の場所を用意します。

家庭葬は、前夜式と追悼式をします。

華麗な生花を設けて、一家で召された方を追悼します。

仏教の祭司へのお礼は高額。

ベテランの奏楽者による賛美のお葬式。

日本の送葬は、とても費用が嵩むのために知られている。

キリスト教葬儀と仏滅

キリスト者葬送の重要な費用は、神父や演奏者への謝儀、会堂使用金額、墓地がほとんどです。

葬祭業者は、遺骸の運びから式典会場の手配、お見送りの計らいまで一切を引き受けます。

喪主さまは、弔いの全てを仕切り、お金を支払うという大変な労苦があります。

弔電お知らせは、機能性がとても良いから、重宝します。

基督教式で告別式をしたいが、お寺の墓地に入れるのか?御骨を改葬したいけど、値段が安い手段は?キリスト者葬祭窓口センターでは、墓石の見積もりや埋葬もご協力させていただきます。

葬礼の儀式に費やす値段が高額から、節約したい。

1980年代の時世には追悼式の料金に贅沢を使っても、今どきでは異なる。

葬儀業者のスタッフは、商業的な話術でこちらの悲しみに割り込んでくる。