キリスト教火葬式にかかる費用や葬儀社のお見積もり。

お父様のためにクリスチャンメモリアル礼拝を、娘よりご依頼仰せつかりました。

九十五才で召天されたため、姉や妹様はだいぶ前に召されているので、身内だけでのキリスト教火葬式をご依頼くださいました。

お父上もお子様たちも、特定の宗教団体へは入っていないようですが、信仰心はおありで、ご家庭にてお身内と心を合わせてお祈りを捧げることがしばしばおありだったようです。

お父様が神さまを信仰して亡くなられたわけですから、お子様たちは寂しさはありながらも、天に導かれたということを確かに信仰しているようでした。

キリスト教の火葬式

キリスト教お見送り窓口センターの火葬は御通夜を除きます。

式の詳細は簡素ではありますが、神父が大切にして奉仕します。

先に基督教葬式サポート対応に電話してください。

召された地域に霊柩車でお迎えに参ります。

その後、御遺族の方々で棺に入れることを致します。

斎場に移動して、召された方を告別します。

パスターが参列者を道案内します。

故人様の生涯に思いを巡らしながら、祈りを捧げることをします。

パスターが適切な聖なる書物の言葉をメッセージします。

召された方を告別して、想い出を分かち合います。

キリスト教 火葬